【市販薬】下痢止めの選び方基礎基本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

腹痛 便秘 下痢

下痢止めの基礎基本を紹介します。

スポンサーリンク

一時的な下痢を止めるために服用する

下痢止めの薬は、一時的な下痢を止めるためだけに服用しましょう。

代表的な下痢止めとしては、次のような薬が市販されています。

●ストッパ

急な下痢のときは「ストッパ下痢止めEX」です。水なしでも服用できるので、カバンに忍ばせておけば、万が一の場合に対応できます。

●ピシャット

急な下痢のときは「ピシャット錠」です。水なしでも服用できるので、カバンに忍ばせておけば、万が一のときにも対応できます。

●ピタリット

急な下痢のときは「ピタリット」です。下痢止め効果に優れている「ロペラミド」を配合した商品です。

以下でも述べますが、食あたり(感染性腸炎)に伴う下痢症に対して下痢止めの服用はNGです。さらに、数週間続くような慢性の下痢については、他の病気が潜んでいるかもしれません。医療機関を受診することをお薦めします。

食あたりに伴う下痢に対しては服用NG

食あたり(感染性腸炎)に伴う下痢に対して、下痢止めの服用はNGです。

感染性腸炎に伴う下痢症状は、病原体を体外に排出するための防衛反応です。

下痢止めでその下痢症状を抑えると、病原体が体外に排出されず、腸管内に留まり続けてしまいます。

感染性腸炎を疑う場合は、下痢止めは使用せず、整腸薬を使用します。

「ビオフェルミン」や「ミヤリサン」が整腸薬に該当する代表的な薬です。

●ビオフェルミン

市販用整腸薬で最もメジャーな整腸薬であろう「新ビオフェルミンS」について紹介します。整腸薬は整腸作用はもちろんのこと、美容など整腸作用以外の効果にも注目がされています。

●強ミヤリサン

市販用整腸薬である「強ミヤリサン」について紹介します。ミヤリサンに含まれる宮入菌は酸に非常に強く、優れた整腸薬です。整腸薬には、美容など整腸作用以外の効果にも期待が向けられています。

漫然と使用しない

慢性的に下痢症状が続く場合は、他の病気が潜んでいるかもしれません。

思い当たる節もなく下痢症状が続く場合には、下痢止めの服用を一度中止して、医療機関を受診しましょう。

水分補給をしっかり

感染性腸炎などで下痢症状が続くと、脱水になることがあります。

水分補給をしっかり心がけてください。ひどい下痢が続いた場合には、経口補水液の摂取をオススメします。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする