【市販薬】かぜ薬の選び方基礎基本

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

かぜ薬の基礎基本を紹介します。

スポンサーリンク

かぜ薬は症状緩和に服用

熱、咳、くしゃみ・鼻みずなどの症状を緩和するために服用します。

つまり対症療法です。

市販薬であっても処方薬であっても、成分量に違いこそあるものの、成分そのものは同じようなものです。

市販薬が効かないということは、決してありません。

抗生物質は基本的に不要

かぜに対して抗生物質は基本的に不要です。

かぜの原因はウィルスが大部分を占めると言われています。

それに対して抗生物質は細菌を叩くために使う薬です。ウィルスと細菌は異なるものです。すなわちウィルスに対して抗生物質は効果がないということになります。

かぜで病院を受診して抗生物質が出なかった場合、抗生物質が出なかったことに対して決して疑問を持たないで下さい。当然のことです。

基本的に体力がある方は市販薬を服用しながら、かぜ症状をコントロールしてください。ただし、高齢者はかぜから肺炎ということも想定されます。よって、高齢者はこの限りではありません。

後はゆっくり休めれば休む

かぜは薬を服用して養生すれば、基本的には回復します。ゆっくり休めれば休んで、養生に努めてください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする