【市販薬】季節性の鼻炎症状(花粉症など)を自力で何とかする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

鼻炎 花粉症 鼻みず 鼻づまり

花粉症など季節性の鼻炎症状を、市販薬を利用して、自力でコントロールする方法を紹介します。

スポンサーリンク

鼻炎・花粉症薬を選ぶ順番

鼻炎・花粉症薬を選ぶ基本的な順番は次の通りです。

①抗ヒスタミン薬

②点鼻薬

③点眼薬

④ケミカルメディエーター抑制薬

①抗ヒスタミン薬

鼻炎・花粉症薬の基本は抗ヒスタミン薬の服用です。

現在では、処方せん用医薬品として使用されていた“眠くなりにくい”抗ヒスタミン薬が市販薬として販売されています。

当ブログでも、眠くなりにくい抗ヒスタミン薬を中心に紹介しています。

鼻炎・花粉症薬を選ぶ手順とオススメの一品を紹介しています。

もし、最初に服用した「A」という抗ヒスタミン薬の効果が今ひとつだった場合は、別の「B」という抗ヒスタミン薬を服用してみてください。

効果が実感できるかもしれません。

②点鼻薬・点眼薬

くしゃみ・鼻みず・鼻づまりといった鼻症状は、まずは抗ヒスタミン薬でコントロールすることを試みます。

抗ヒスタミン薬を服用しても、“鼻症状が改善されない”もしくは“もう少しどうにかしたい”という場合には、点鼻薬の使用を検討してください。

点鼻薬と一口に言っても、次のように役割がそれぞれ異なります。

・鼻づまりを改善する点鼻薬

・鼻炎症状をコントロールする点鼻薬

鼻づまりを改善する点鼻薬

鼻づまりを改善する点鼻薬として、当ブログでは次の商品を紹介しています。

●コールタイジン点鼻液

鼻づまり(鼻閉)を素早く改善する市販の点鼻薬「コールタイジン点鼻液」について紹介します。抗ヒスタミン薬との併用も可能で、鼻づまり時に1日6回まで使用できる点鼻薬です。

●パブロン点鼻

「パブロン点鼻」シリーズの違いと選び方、それを踏まえた使い分けなどについて紹介します。

鼻炎症状をコントロールする点鼻薬

抗ヒスタミン薬を服用しても、鼻症状の改善度合いが今ひとつの場合には、”鼻炎症状をコントロールする点鼻薬”の使用を検討してください。

“鼻炎症状をコントロールする点鼻薬”に該当する点鼻薬は、“抗ヒスタミン薬”または“ステロイド”が配合された点鼻薬です。

当ブログで紹介した抗ヒスタミン薬・ステロイド配合の点鼻薬は、次の通りです。

●パブロン点鼻シリーズ

「パブロン点鼻」シリーズの違いと選び方、それを踏まえた使い分けなどについて紹介します。

●コンタック鼻炎アタック

花粉症によるアレルギー症状を抑える点鼻薬が「コンタック鼻炎スプレー」です。くしゃみ・鼻みず・鼻づまりといった花粉症症状に効果があります。

●ザジテンAL鼻炎スプレーα

処方薬「ザジテン」と同じ有効成分"ケトチフェン"を配合した市販薬「ザジテンAL」シリーズの違いと"飲み薬・点鼻薬・点眼薬"の使い分けなどについて紹介します。

③点眼薬

目のかゆみ、なみだ目などの症状がつらいときは点眼薬(目薬)の使用を検討してください。

アレルギー(花粉症など)用に市販の目薬「ノアールPガード点眼液」と「ザジテンAL点眼薬」を紹介します。それぞれ処方薬「アレギサール点眼」・「ザジテン点眼」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

④ケミカルメディエーター抑制薬

アレルギー症状を引き起こす物質を”ケミカルメディエーター”と呼びます。

代表的な物質が”ヒスタミン”です。

花粉などのアレルギー物質(アレルゲン)によって、このケミカルメディエーターが遊離されます。

ケミカルメディエーターの遊離を抑制する薬が”ケミカルメディエーター抑制薬”です。

当ブログで紹介したケミカルメディエーター抑制薬は「アレギサール鼻炎」です。

処方せん用医薬品と同じ成分を配合していっる「アレギサール鼻炎」について紹介します。眠くなる成分抗ヒスタミン薬を含んでいないので、眠くならない鼻炎薬です。

抗ヒスタミン薬は、すでに発症した鼻炎症状を抑え込む”対症療法薬”と言えます。

「アレギサール鼻炎」は、鼻炎症状を引き起こさないようにする”予防薬”という特徴があります。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする