【頭痛・生理痛などの痛み止め】「リングルアイビー」シリーズの違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

痛み止め成分”イブプロフェン”をOTC医薬品(=市販薬)最大量配合の「リングルアイビー」シリーズの違いと選び方を紹介します。

「リングルアイビー」シリーズは次の3種類です。

●リングルアイビー

●リングルアイビーα200

●リングルアイビー錠α200

スポンサーリンク

「リングルアイビー」シリーズの違い~成分比較~

「リングルアイビー」シリーズに配合されている有効成分を比較すると、以下の表のようになります。

  リングルアイビー リングルアイビーα200 リングルアイビー錠α200
イブプロフェン 2カプセル中 2カプセル中 2錠中
150mg 200mg 200mg

「リングルアイビー」シリーズに配合されている痛み止め成分は”イブプロフェン”のみです。

その配合量が各商品で異なります。

“イブプロフェン”のみを配合したシンプルな痛み止めなので、違いや選び方は他の痛み止め市販薬に比べると割と簡単だろうと考えています。

リングルアイビー

痛み止め成分”イブプロフェン”が150mg配合されている商品が「リングルアイビー」です。

リングルアイビーα200

痛み止め成分”イブプロフェン”がOTC医薬品(=市販薬)最大量である200mg配合されている商品が「リングルアイビーα200」です。

リングルアイビー錠α200

「リングルアイビーα200」と同じく痛み止め成分”イブプロフェン”をOTC医薬品最大量である200mg配合されている商品です。

「リングルアイビーα200」との違いは”カプセル”なのか”錠剤”なのかという点だけです。

「リングルアイビー」シリーズの選び方

ここまで、「リングルアイビー」シリーズの違いを紹介しました。

結局、どれを選べば良いか?

となろうかと思います。

「リングルアイビー」は痛み止めです。

つまり、基本的には痛みを鎮めてくれさえすれば、どの商品を選んでも良いわけです。

「リングルアイビー」シリーズの痛みを鎮める作用の大小は次のようになると考えられます。

<「リングルアイビー」シリーズ鎮痛作用>

リングルアイビーα200=リングルアイビー錠α200>リングルアイビー

「リングルアイビー」シリーズは配合されている痛み止め成分が”イブプロフェン”のみの、シンプルな痛み止め市販薬です。

「リングルアイビー」に配合されている痛み止め成分”イブプロフェン”の配合量の大小を考慮したまでです。

「リングルアイビーα200」と「リングルアイビー錠α200」は、カプセルか錠剤かの違いだけで、”イブプロフェン”配合量は同じです。

そのため、「リングルアイビーα200」と「リングルアイビー錠α200」の鎮痛作用は”=(変わらない)”と考えられます。

「リングルアイビー」シリーズ基本情報

最後になりましたが、「リングルアイビー」シリーズ3種類の有効成分や効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

リングルアイビー

<有効成分(1カプセル中)>

イブプロフェン:150mg

<効能・効果>

●頭痛・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・月経痛(生理痛)・外傷痛の鎮痛

●悪寒・発熱時の解熱

<用法・用量>

なるべく空腹時をさけ、次の用量を服用。

・15歳以上:1回1カプセル、1日3回まで

・15歳未満:服用NG

※服用間隔は4時間以上空ける

リングルアイビーα200

<有効成分(1カプセル中)>

イブプロフェン:200mg

<効能・効果>

「リングルアイビー」と同じ

<用法・用量>

なるべく空腹時をさけ、次の用量を服用。

・15歳以上:1回1カプセル、1日2回まで(ただし、再度症状があらわれた場合には3回目を服用できる)

・15歳未満:服用NG

※服用間隔は4時間以上空ける

リングルアイビー錠α200

<有効成分(1錠中)>

イブプロフェン:200mg

<効能・効果>

「リングルアイビー」と同じ

<用法・用量>

なるべく空腹時をさけ、次の用量を服用。

・15歳以上:1回1カプセル、1日2回まで(ただし、再度症状があらわれた場合には3回目を服用できる)

・15歳未満:服用NG

※服用間隔は4時間以上空ける

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする