【市販薬】薄毛治療薬「リアップ」の選び方・使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

壮年性脱毛症 はげ 薄毛

壮年性脱毛症(薄毛治療薬)に有効とされる「リアップ」の特徴と選び方を紹介します。

スポンサーリンク

「リアップ」基本情報

<有効成分>

ミノキシジル

<効能・効果>

壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防

<用法・用量>

1日2回、1回1mlを頭皮全体に塗布

<使用上の注意>

あくまで壮年性脱毛症に使用すること(円形脱毛症などには使用しない)

市販薬の中で最も効き目が立証されている商品

リアップは市販薬の中で、最も効き目(エビデンス)が立証されている医薬品ではないかと思っています。

ちなみに、処方せん用医薬品にミノキシジルを含んだ製品はありません。

処方せん用医薬品でない医薬品が、最も推奨されている例も珍しいかと思います。

日本皮膚科学会が公表している脱毛症ガイドラインにおいて、脱毛症に対して使用を強く勧められる医薬品とされています。

女性にも使用できる

リアップは男性にのみ使用可能な市販薬というイメージがあるかもしれません。

このガイドラインの中では女性の薄毛治療に対しても使用を強く勧められる医薬品とされています。

女性用のリアップとして「リアップジェンヌ」という商品が販売されています。

継続使用が基本

リアップの添付文書では、効果を得るためには最低でも6カ月間の継続使用を求められています。

日本皮膚科学会が公表しているガイドライン内では、1年間使用した例が記載されています。

また、発毛効果を持続させるためには、継続使用が必要です。

副作用もほとんどなし

上述したように、リアップは継続使用が求められる医薬品です。

継続使用が求められる商品だけに、副作用の有無は重要です。

リアップに副作用はほとんどないと考えられています。

非常に使い続けやすい市販薬と考えられます。

「リアップ」まとめ

リアップは市販薬の中では、効果が最も確立されている商品の1つと言うことができます。

男性のみならず女性にも使用可能です。

リアップは最低でも6カ月間の継続使用が求められます。

そのため、副作用の有無が重要となります。

そんな中、リアップには副作用がほとんどないと考えられています。

そのため、継続使用のリスクも小さくなります。

壮年性脱毛症(薄毛)にお悩みの方は、リアップの使用を検討ください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする