【のどの痛みに】龍角散の選び方・使い方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

かぜ インフルエンザ 頭痛 咳 のどの痛み

中国人の爆買い商品として一時期話題に挙がった龍角散。

中国は大気汚染がひどく呼吸器系に不安を感じている方が多いからなのでしょう。

スポンサーリンク

「龍角散」商品ラインナップ

龍角散には、以下3種類の商品が販売されています。

●龍角散ダイレクトスティック(ミント味・ピーチ味)

●龍角散ダイレクトトローチ

●龍角散

龍角散ダイレクトスティック

スティックとして分包されている商品です。

<用法・用量>

1日6回、以下の用量を服用(水なしで服用可能)

・15歳以上:1回1包

・11歳以上15歳未満:1回2/3包

・7歳以上11歳未満:1回1/2包

・3歳以上7歳未満:1回1/3包

・3歳未満:服用NG

龍角散ダイレクトトローチ

龍角散のトローチ商品です。

<用法・用量>

1日3回から6回、以下の用量をゆっくり溶かすようになめて服用

・15歳以上:1回1錠

・5歳以上15歳未満:1回1/2錠

・5歳未満:服用NG

龍角散

付属の計量スプーンで量って服用する商品です。

<用法・用量>

1日3回から6回、添付のさじで以下の用量を服用

・15歳以上:1回1杯

・11歳以上15歳未満:1回2/3杯

・8歳以上11歳未満:1回1/2杯

・5歳以上8歳未満:1回1/3杯

・3歳以上5歳未満:1回1/4杯

・1歳以上3歳未満:1回1/5杯

・3カ月以上1歳未満:1回1/10杯

・3カ月未満:服用NG

<効能・効果>

せき、たん、のどの炎症による声がれなど

生薬由来の商品が龍角散

のどの赤み(炎症)を鎮め、鎮咳去痰(咳止め・痰切り)作用を有する生薬成分が配合されているのが龍角散です。

龍角散が優れている点は「水なしで服用できる」という点です。

手元に飲み物が無い場合も服用できるので非常に便利です。

風邪の治りかけなど、のどに不快感(イガイガした感じ)が残るなと感じた場合には、利用価値がある市販薬だと思います。

●龍角散には、のどあめも販売されています

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする