【しつこい乾燥肌に】赤ちゃんでも使える「Saiki(さいき)」の選び方・使い方~ヒルドイド系保湿剤~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

美容 保湿

乾燥肌の治療薬である市販の保湿剤「Saiki(さいき)」について紹介します。

「さいき」には、配合されている有効成分が異なる以下3種の商品が販売されています。

・さいきa 治療ローション

・さいきn 治療乳液

・さいきc 治療クリーム

「さいき」には、刺激性がありません。

したがって、ひっかき傷のあるなしなど肌の状態を気にすることなく、顔や子供さんにも安心して使用できる保湿剤となります。

スポンサーリンク

「Saiki(さいき)」の有効成分

「Saiki(さいき)」には、以下3(or4)種類の有効成分が配合されています。

「さいき」有効成分

●ヘパリン類似物質:保湿成分

●グリチルリチン酸二カリウム:抗炎症薬

●アラントイン:組織修復・抗炎症薬

●γ-オリザノール:皮脂分泌促進(※「さいきc」のみに配合)

各有効成分の役割を一言でまとめると上述した通りです。

これらの成分でもって、肌の乾燥、肌あれ・赤み(炎症)に対する効果が期待されます。

●さいきa 治療ローション

●さいきn 治療乳液

「さいきa・n」に配合されている有効成分と同じ成分が、薬用化粧品で保湿化粧水としても使用できる「ヘパソフト 薬用 顔ローション」にも配合されています。

「ヘパソフト 薬用 顔ローション」は医薬部外品です。

したがって、日常的なケアを目的とするなら、「ヘパソフト 薬用 顔ローション」の使用も検討ください。

●さいき:乾燥肌の治療

●ヘパソフト 薬用 顔ローション:顔の乾燥予防(美容目的)

「ヘパソフト 薬用 顔ローション」の特徴や選び方・選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

顔の保湿化粧水代わりに「ヘパソフト 薬用 顔ローション」を使用してみてはいかがでしょうか。しっかりとした保湿作用が期待できる上、お手頃価格で購入できる商品です。

「さいきc 治療クリーム」について

「さいきc 治療クリーム」には、他2商品と共通の成分に加えて、”γ-オリザノール”が配合されています。

“γ-オリザノール”には、衰えた皮脂分泌機能を高める作用があるとされています。

皮脂は肌のバリアー機能を果たします。

皮脂が欠乏すると、肌荒れ・乾燥肌といった肌トラブルの原因となります。

乾燥肌は皮脂欠乏症ということもできます。

石けんなどで体をゴシゴシ洗ったり、熱いお風呂につかり続けたりすると、皮脂を過剰に落とすことにつながります。

同時に、加齢とともに皮脂分泌は衰えてしまいます。

このように皮脂分泌が衰えてしまっているような、”しつこい・頑固な”乾燥肌に対して、「さいきc 治療クリーム」は特に有効だろうと考えられます。

●さいきc 治療クリーム

かゆみがあるときはこちらの商品

かゆみがあるときは保湿成分に加えて、”かゆみ止め”が配合されている商品の使用が理想です。

保湿成分”ヘパリン類似物質”に、さらに”かゆみ止め”が配合されている商品として「フェルゼア ヘパキュアクリーム」があります。

かゆみを伴う乾燥肌の場合、「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の使用も検討ください。

「フェルゼア ヘパキュアクリーム」の特徴や選び方・選ぶポイントなどについては、こちらの記事にまとめています。

かゆみを伴う乾燥肌に最適な商品「フェルゼア ヘパキュアクリーム」を紹介します。赤ちゃんから高齢者まで安全に使用することができる保湿剤です。「ヒルドイド」と同じ保湿薬を配合した市販薬です。

「ヒルドイド」と同じ有効成分

処方せん用医薬品(処方薬)で「ヒルドイド」という保湿剤が使用されています。

その「ヒルドイド」に配合されている有効成分が”ヘパリン類似物質”です。

つまり、「さいき」は処方薬「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した保湿剤となります。

その「ヒルドイド」と同じ有効成分”ヘパリン類似物質”を配合した保湿剤は「さいき」以外にも市販薬として販売されています。

詳細については、こちらの記事にまとめています。

処方薬の保湿剤「ヒルドイド」と同じ有効成分"ヘパリン類似物質"を配合している市販薬をまとめます。

子供から高齢者まで安全に使える

「さいき」の保湿成分”ヘパリン類似物質”には、刺激性がありません。

保湿薬としてしばしば配合されているもう一つの成分に”尿素”があります。

尿素には、刺激性があります。

そのため、尿素配合保湿剤をひっかき傷があるような患部に使用すると、ヒリヒリ・チリチリとした刺激感を感じることがあります。

一方で、”ヘパリン類似物質”には刺激性がないので、子供(乳幼児)から大人・高齢者まで、肌の状態を気にすることなく安全に使用することができます。

顔に使用してもOK

「さいき」には刺激性がありません。

そのため、顔に塗っても問題ありません。

先に紹介した「ヘパソフト 薬用 顔ローション」が顔に使用できる薬用化粧品であることからも、”ヘパリン類似物質”配合の保湿剤は顔に使用できることが連想できるかと思います。

まとめ

ここまで、「Saiki(さいき)」の特徴や選ぶポイントなどについて紹介してきました。

「さいき」は”ヘパリン類似物質”という保湿成分を配合した保湿剤です。処方せん用医薬品「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬となります。

「さいき」に配合されている保湿成分”ヘパリン類似物質”には刺激性がありません。

そのため、顔に使用することができます。

同時に、子供から大人・高齢者まで、皮膚の状態を気にすることなく使用することができます。

一般的な乾燥肌であれば、「さいきa 治療ローション」または「さいきn 治療乳液」の使用で十分でしょう。

しつこい・頑固な乾燥肌にお困りの方は、皮脂分泌促進作用がある”γ-オリザノール”が配合されている「さいきc 治療クリーム」の使用を検討ください。

乾燥肌の状態・症状に合わせて、最適な「さいき」を選び出してください。

●さいきa 治療ローション

●さいきn 治療乳液

●さいきc 治療クリーム

「Saiki(さいき)」基本情報

最後になりますが、「Saiki(さいき)」の有効成分や効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

<有効成分>

・ヘパリン類似物質

・グリチルリチン酸二カリウム

・アラントイン

・γ-オリザノール(さいきcのみに配合)

<効能・効果>

乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、手指の荒れ、手足のひび・あかぎれ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、しもやけ、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛、きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり

<用法・用量>

1日1~数回、患部に塗布

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする