【ステロイド外用薬】「セロナ」の特徴と選び方~「ロコイド」と同じ市販薬~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

「セロナ」の特徴と選び方・選ぶポイントを紹介します。

処方せん用医薬品「ロコイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

スポンサーリンク

かゆみ・炎症を鎮める

ステロイド外用薬には”かゆみ・炎症(赤み)”を鎮める作用があります。

そのため、虫さされ、かゆみを伴う湿疹・かぶれなどに使用します。

<セロナ軟膏>

<セロナクリーム>

<セロナソフト>

虫さされなど以外に、日焼けやあせもなどの皮膚トラブルに使用することもできます。

日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症です。その炎症を鎮めて、ヒリヒリ痛い・痒いといった日焼けの症状に素早く効く市販薬「ステロイド外用薬」を紹介します。

大人も子供も汗をかくとあせもになることがあります。素早くあせもを治すことができる市販薬「ステロイド外用薬」を中心に紹介します。

しかし、誰でもどこでも塗って良いというわけではありません。

ステロイド薬は年齢や塗布部位によって、強さが異なる商品を使い分ける必要があります。

皮膚からの吸収性が商品(成分)によって、異なるからです。

ステロイド外用薬の全般的な選び方・使い方、強さ(効力)などについては、こちらの記事にまとめています。

ステロイド外用薬は塗布部位や年齢によって使い分ける必要があります。市販されているステロイド外用薬の正しい選び方や使い方・使い分けについて紹介します。

子供から大人まで使える

「セロナ」はmediumクラス(5段階中下から2番目)の強さに分類されるステロイド薬です。

mediumクラスの中においても、比較的弱いランクのステロイド薬となります。

そのため、子供から大人まで全身に使用できるステロイド薬です。

作用は決して強いわけではありません。

しかし、年齢や塗布部位を気にせず使用できる(使い分ける必要がない)点では、使い勝手に優れているステロイド薬と言うことができます。

顔もOK

子供から大人まで全身に使用できると上述しました。

つまり、顔に塗っても問題ありません。

「セロナ」よりも強いステロイド薬を、顔のようなステロイド吸収性が高まる部位には、一般的に使用しません。

どの剤形を選ぶか?

「セロナ」には軟膏・クリーム・ソフト(軟膏)剤が販売されています。

ソフト軟膏の性質としては、軟膏とクリーム剤の中間といった製剤です。軟膏より延びが良く、クリーム剤にある刺激性が無い製剤です。

1日2~3回は塗りましょう

塗布回数は用法・用量によると、1日数回と記載があります。

このような記載では「いったい何回塗ったら良いんだ?」と疑問に思われるかもしれません。

通常、1日2回をめどに塗ると良いとされています。症状が改善されるまでは、1日2~3回塗ったほうが良いとお考えください。

処方せん用医薬品「ロコイド」と同じ

「セロナ」はステロイド成分である”ヒドロコルチゾン酪酸エステル”を有効成分とする市販薬です。

同一成分を配合した処方せん用医薬品として「ロコイド」という商品があります。

つまり、「セロナ」は処方せん用医薬品「ロコイド」と同じような効果が期待できる市販薬となります。

処方薬「ロコイド」と同じ有効成分"ヒドロコルチゾン酪酸エステル"を配合した市販のステロイド外用薬を紹介します。子供でも使用できるステロイド外用薬です。

セロナまとめ

ここまで、セロナの特徴や選ぶポイントなどについて、紹介してきました。

セロナなどステロイド外用薬の役割は、”かゆみ・炎症”を鎮めるところにあります。

虫さされ・かぶれ・あせもといったかゆみ全般に使用できます。また、日焼けや軽いやけどなどにも使用できます。

このようにステロイド外用薬の使用方法は多岐にわたります。ステロイド外用薬を1種類だけでも自宅に置いていると、何かしら役立つ場合が起こるかもしれません。

<セロナ軟膏>

<セロナクリーム>

<セロナソフト>

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする