【かゆみ・鼻炎・花粉症市販薬】「スカイナーAL錠」の選び方・使い方~かゆみ止め飲み薬~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

飲み薬のかゆみ止めである「スカイナーAL錠」の特徴と選び方を紹介します。

かゆみだけでなく、鼻炎にも有効です。

スポンサーリンク

「スカイナーAL錠」基本情報

<有効成分(2錠中)>

アゼラスチン:1mg(抗ヒスタミン薬)

<効能・効果>

①花粉、ハウスダスト(室内塵)などによる次のような鼻のアレルギー症状の緩和:くしゃみ・鼻みず・鼻づまり

②じんましん、湿疹、かぶれによる次の症状の緩和:皮膚のはれ、かゆみ

<用法・用量>

・15歳以上:1日2回、1回2錠を朝食後と就寝前に服用

・15歳未満:服用NG

処方せん用医薬品「アゼプチン」と同じ

「スカイナーAL錠」の有効成分”アゼラスチン”はもともと、処方せん用医薬品として使用されていた成分です。

代表的な商品として「アゼプチン」という商品名で、今も使用されています。

処方せん用医薬品「アゼプチン」と同じ成分量(1回服用量)を配合した商品が「スカイナーAL錠」です。

有効成分”アゼラスチン”の役割

“アゼラスチン”は抗ヒスタミン薬です。

かゆみや鼻炎、アレルギーの原因の1つである、ヒスタミンの作用をブロックします。

この作用により、かゆみや鼻炎、アレルギー症状を緩和する役割を果たします。

抗ヒスタミン薬なので、「アレグラFX」や「アレジオン20」といった抗ヒスタミン薬でも同じ作用が期待できます。

しかし、「アレグラFX」・「アレジオン20」は、”かゆみ・じんましん”の効能・効果は取得していないようです。

眠気には念のため注意

眠気は念のため注意が必要です。

抗ヒスタミン薬は、眠気の引き起こしやすさなどに着目すると次の3つに分類されます。

●非鎮静性抗ヒスタミン薬

●軽度鎮静性抗ヒスタミン薬

●鎮静性抗ヒスタミン薬

「スカイナーAL錠」に配合されている”アゼラスチン”は、軽度鎮静性抗ヒスタミン薬に分類されます。

鎮静性抗ヒスタミン薬ほど”眠くなりやすい”薬ではありませんが、念のため頭の片隅にでも置いておく必要があります。

まとめ

ここまで、「スカイナーAL錠」の特徴や使い方、選ぶポイントなどについて紹介しました。

「スカイナーAL錠」は、もともと、処方せん用医薬品として使用されていた薬になります。

配合されている有効成分は抗ヒスタミン薬”アゼラスチン”で、かゆみや鼻炎、アレルギーを抑える作用を有します。

アゼラスチンは軽度鎮静性抗ヒスタミン薬に分類されます。念のため眠気の副作用には注意が必要です。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする