【年齢・塗布部位別】ステロイド外用薬の選び方と使い方・使い分け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

ステロイド外用薬はその強さ(薬効)に応じて、5段階に分類されます。

そして、ステロイド外用薬は大人と子供では、吸収性が異なります(子供のほうが吸収性が高い)

体の塗る箇所によっても吸収性は異なります。

つまり、ステロイド外用薬を使う場合、次の3点は最低でも考えて使用する必要があります。

①ステロイド外用薬の強さ

②誰が使うのか

③体のどこに使うのか

当ブログで紹介したステロイド外用薬を例にとって、塗布部位別に分類したいと思います。

スポンサーリンク

ステロイド外用薬薬効別分類

ステロイド外用薬の薬効(強さ・効力)は、次のように5段階に分類されます。

<ステロイド外用薬薬効>

①strongest(最も強力)

②very strong(かなり強力)

③strong(強力)←市販薬あり

④medium(中等度)←市販薬あり

⑤weak(弱い)←市販薬あり

市販薬としては、strongクラス以下の商品が販売されています。

<strongステロイド外用市販薬>

●ベタメタゾン吉草酸エステル:ベトネベート(リンデロン)

()内は処方せん用医薬品の代表的な商品名

「ベトネベート」というステロイド外用薬の違いや選び方を紹介します。処方せん用医薬品「リンデロン」と同じ有効成分を配合した市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

●フルオシノロンアセトニド:フルコートf(フルコート)

「フルコートf」というステロイド外用薬を紹介します。処方せん用医薬品「フルコート」と同じ有効成分を配合した市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

<mediumステロイド外用市販薬>

●プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル(リドメックス)

※()内は処方せん用医薬品の代表的な商品名

・リビメックスコーワ

処方薬「リドメックスコーワ」と同じ市販のステロイド薬「リビメックスコーワ」を紹介します。

・コートfAT

「コートfAT・MD」というステロイド外用薬を紹介します。それぞれ処方せん用医薬品「リドメックス」と「プレドニゾロン」と同じ市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

・セロトピー

市販のステロイド外用薬「セロトピー」の特徴や選び方、他ステロイド外用薬との違いなどについて紹介します。処方薬「リドメックス」と同じ有効成分を配合した市販薬です。

●ヒドロコルチゾン酪酸エステル(ロコイド)

・ロコイダン

市販のステロイド外用薬「ロコイダン」の特徴や使い方などを紹介します。処方薬「ロコイド」と同じ有効成分"ヒドロコルチゾン酪酸エステル"を配合した市販薬です。

・セロナ

市販のステロイド外用薬「セロナ」の特徴や使い方を紹介します。処方薬「ロコイド」と同じ有効成分"ヒドロコルチゾン酪酸エステル"を配合した市販薬です。

<weakステロイド外用市販薬>

●プレドニゾロン

・コートfMD軟膏

「コートfAT・MD」というステロイド外用薬を紹介します。それぞれ処方せん用医薬品「リドメックス」と「プレドニゾロン」と同じ市販薬です。ステロイド外用薬は日常生活の様々な皮膚トラブルに使用できます。

【年齢別】ステロイド外用薬の使い方

大人と子供では、ステロイド外用薬の吸収性が異なります。

子供は皮膚が薄いため、ステロイド外用薬の吸収性が高まります。

そのため、子供の場合、同じような症状で大人が使用するときよりも、ワンランク・ツーランク弱いステロイド外用薬を使用するのが一般的です。

【塗布部位別】ステロイド外用薬の使い方

ステロイド外用薬の吸収性は、前腕を1(基準)とすると、顔が約5~10倍・陰部は約40倍と言われています。

大人の場合、塗布部位別にステロイド外用薬を分類すると、次のようになります。

※大人の場合

<体・腕・足>

strongest~mediumクラス

<顔>

medium~weakクラス、非ステロイド外用薬

<陰部>

medium~weakクラス、非ステロイド外用薬

子供の場合、ワンランク~ツーランク弱いステロイド外用薬を使用します。

※子供の場合

<体・腕・足>

strong~mediumクラス

<顔>

medium~weakクラス、非ステロイド外用薬

<陰部>

weakクラス、非ステロイド外用薬

一般的には、このような使い分けになろうかと考えます。

ただし、症状などに応じて、使用するステロイド外用薬はこの例から外れることもあります。目安としてお考えください。

【年齢・塗布部位別】ステロイド外用薬の使い方まとめ

ここまで、年齢・塗布部位別ステロイド外用薬の使い方を中心に紹介しました。

ステロイド外用薬は、年齢や塗布部位を考えて選ぶ必要があります。

選び方・使い方については、紹介してきた通りです。

ステロイド外用薬は上手に使えば、非常に優れた外用薬で、あらゆる肌トラブルを和らげてくれる薬です。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする