【日焼け治療薬】日焼けによく効く薬の選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

海水浴 日焼け

日焼けをすれば、「ヒリヒリ痛い・真っ赤っか・痒い」といった症状があらわれます。

そのような日焼けの症状を和らげる市販の治療薬を紹介します。

スポンサーリンク

日焼け=日光皮膚炎

日焼けは別名、”日光皮膚炎“とも呼ばれます。

つまり、日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症(=皮膚炎)が原因です。

市販の日焼け治療薬

日焼けは紫外線による肌の炎症です。

したがって、日焼け治療薬を選ぶ際には、

肌の炎症を鎮める市販薬を選ぶと良い

ということになります。

炎症を鎮める作用がある市販の日焼け治療薬を紹介します。

リビメックスコーワ

肌の炎症を鎮める作用がある薬に”ステロイド外用薬”があります。

ステロイド外用薬に該当する市販薬が「リビメックスコーワローション」です。

「リビメックスコーワ」シリーズには、ローション剤以外にも軟膏とクリーム剤も販売されています。

しかし、日焼けという肌トラブルの特徴を考えると、患部は広範囲に及ぶことが想定されます。

そこで、ローション剤である「リビメックスコーワローション」を紹介します。

軟膏やクリーム剤でも患部がカバーできるのであれば、これらを使用しても構いません。

ベトネベート

日焼けをしてしまうと、患部が広範囲に及ぶことを想定して、ローション剤である「リビメックスコーワローション」を先に紹介しました。

「リビメックスコーワ」のようなステロイド外用薬は、その強さに応じて次の5段階に分類されます。

●strongest(最も強力)

●very strong(かなり強力)

●strong(強力)←「ベトネベート」

●medium(中等度)←「リビメックスコーワ」

●weak(弱い)

「リビメックスコーワ」は、ミディアム(medium)クラスに分類されるステロイド外用薬です。

「リビメックスコーワ」よりも高い効果が期待できる、ストロング(strong)クラスに分類される市販のステロイド外用薬が「ベトネベート」です。

「ベトネベート」には、ローション剤の商品はありません。

軟膏とクリーム剤の商品が販売されています。

軟膏またはクリーム剤で患部がカバーできれば、「ベトネベート」を使用しても良いでしょう。

また、軟膏剤である「ベトネベートN軟膏AS」には、抗生物質も配合されています。

抗生物質は患部の化膿を治すまたは化膿しないように予防することを目的に配合されています。

さらに、軟膏剤は最も刺激性が小さい剤形です。

日焼けの程度がひどく、

水ぶくれができた・潰れてしまった

というような場合には、軟膏剤で抗生物質が配合されている「ベトネベートN軟膏AS」が最適といえます。

ステロイド成分のみが配合されているクリーム剤「ベトネベートクリームS」の使用も必要に応じて検討ください。

市販の日焼け治療薬

ここまで市販の日焼け治療薬として、「リビメックスコーワ」・「ベトネベート」という2種類のステロイド外用薬を紹介しました。

「リビメックスコーワ」はmediumクラス、「ベトネベート」はstrongクラスに分類されるステロイド外用薬です。

したがって、その効果の高さは

ベトネベート>リビメックスコーワ

と考えられます。

効果は「ベトネベート」が高いと考えられますが、「リビメックスコーワ」にはローション剤の商品が販売されています。

日焼けという肌トラブルの症状を考えると、ローション剤のほうが使いやすいということも考えられます。

日焼けの範囲や症状の程度に応じて、「リビメックスコーワ」または「ベトネベート」どちらか最適な商品を使用ください。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする