【鼻炎・花粉症市販薬】「ストナリニZ」と「ストナリニ・ガード」の違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

鼻炎 花粉症 鼻みず 鼻づまり

佐藤製薬から販売されている市販の鼻炎・花粉症薬「ストナリニZ」と「ストナリニ・ガード」の違いとそれを踏まえた選び方・選ぶポイントなどを紹介します。

どちらも鼻炎・花粉症症状をコントロールすることを目的とした市販薬です。

ここでは、

・有効成分の違い

・用法・用量の違い

・メーカー希望価格の違い

などに着目して、「ストナリニZ」と「ストナリニ・ガード」の特徴や選び方などについて紹介します。

スポンサーリンク

有効成分の違い

まず初めに、「ストナリニZ」と「ストナリニ・ガード」に配合されている有効成分は次の通りです。

・「ストナリニZ」:セチリジン

・「ストナリニ・ガード」:メキタジン

※「商品名」:有効成分

どちらの有効成分も鼻炎・花粉症治療薬の中心となる”抗ヒスタミン薬“と呼ばれる成分です。

抗ヒスタミン薬とは、鼻炎症状の原因の一つであるヒスタミンの作用をブロックすることで、鼻炎・花粉症症状を和らげる薬です。

ちなみに、「ストナリニZ」・「ストナリニ・ガード」の有効成分はもともと、処方せん用医薬品(処方薬)として使用されていた薬です(現在も使用されています)

処方薬の代表的な商品名が「ジルテック(ストナリニZ)」と「ゼスラン・ニポラジン(ストナリニ・ガード)」です。

「ストナリニZ」は処方薬「ジルテック」と同じ有効成分を同じ成分量(1錠あたり10mg)配合した商品で、「ストナリニ・ガード」は処方薬「ゼスラン・ニポラジン」と同じ有効成分を同じ成分量(1錠あたり3mg)配合した商品となります。

「ストナリニZ」・「ストナリニ・ガード」ともに、長年、処方薬として使用され、その安全性などが確認された後、市販薬として使えるようになった「スイッチOTC」と呼ばれる市販薬です。

「セチリジン」と「メキタジン」の違い

どちらも”抗ヒスタミン薬”に分類される有効成分です。

抗ヒスタミン薬であることは共通ですが、特徴に違いがあります。

抗ヒスタミン薬は”眠気の引き起こしやすさ(鎮静性)”に着目して、次の3つに分類されています。

①非鎮静性抗ヒスタミン薬←ストナリニZ(セチリジン)

②軽度鎮静性抗ヒスタミン薬←ストナリニ・ガード(メキタジン)

③鎮静性抗ヒスタミン薬

「ストナリニZ」の有効成分セチリジンは非鎮静性抗ヒスタミン薬、「ストナリニ・ガード」の有効成分メキタジンは軽度鎮静性抗ヒスタミン薬にそれぞれ分類されています。

非鎮静性抗ヒスタミン薬配合の鼻炎・花粉症薬は眠くなりにくい薬として市販されています。

軽度鎮静性抗ヒスタミン薬配合の鼻炎・花粉症薬は、理論上、非鎮静性抗ヒスタミン薬よりも眠くなりやすく、鎮静性抗ヒスタミン薬よりも眠くなりにくい薬ということになります。

鼻炎・花粉症薬を飲むたびに眠くなっていては、日常生活に支障がでます。

この点において、眠気の有無(大小)は、鼻炎・花粉症薬を選ぶ上で、大きな判断基準となるのではないでしょうか。

理論上、眠くなりにくい商品は、「ストナリニZ」と「ストナリニ・ガード」で比べると「ストナリニZ」となります。

用法・用量の違い

続いて、用法・用量の違いを確認してみます。

「ストナリニZ」

1回1錠、1日1回就寝前に服用

「ストナリニ・ガード」

1回1錠、1日2回(朝・夕)服用

「ストナリニZ」・「ストナリニ・ガード」ともに、1回の服用量(錠数)は同じですが、1日の服用回数が異なります。

「ストナリニZ」は1日1回就寝前服用に対し、「ストナリニ・ガード」は1日2回(朝・夕)の服用となっています。

メーカー希望価格の違い

最終的な小売り価格はまちまちでしょうから、メーカー希望価格の違いを比較してみます。

 

ストナリニZ

14錠包装

ストナリニ・ガード

20錠包装

包装価格 1,886円 1,780円
1錠あたりの価格 134円 89円
1日服用量あたりの価格 134円 178円

1錠あたりの価格は「ストナリニ・ガード」のほうが安いのですが、「ストナリニ・ガード」は1日2回服用のタイプの鼻炎・花粉症薬です。

1日服用量あたりの価格になおすと、「ストナリニZ」のほうが安上がりということになります。

眠くなりにくい鼻炎・花粉症薬「ストナリニZ」

ここまで、「ストナリニZ」と「ストナリニ・ガード」の有効成分の違い、用法・用量の違い、メーカー希望価格の違い、それを踏まえた特徴や選び方などについて紹介してきました。

ここで紹介した違いを総合的に考えると、「ストナリニZ」か「ストナリニ・ガード」どちらかで悩んだ場合、まずは「ストナリニZ」の服用を検討すべきではないでしょうか。

その理由として、次のようなことが挙げられます。

<「ストナリニZ」を選ぶべき理由>

・眠くなりにくい(非鎮静性抗ヒスタミン薬配合)

・1日1回服用で済む

・安上がり

ここでは、あくまで「ストナリニZ」か「ストナリニ・ガード」で悩んだ場合を想定していますし、「ストナリニ・ガード」を飲みつけている方がわざわざ薬を変更する必要もないでしょう。

「ストナリニZ」の詳しい特徴や選び方・選びポイントなどについては、こちらにまとめています。

眠くなりにくく、口の渇きも少ない市販の花粉症・鼻炎薬「ストナリニZ」の特徴や服用する決め手などを紹介します。処方薬「ジルテック」と同じ市販薬でもあります。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする