日焼けによるカサカサ乾燥肌に効く市販の保湿剤

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

海水浴 日焼け

日焼けをしてしまうと、肌がカサカサ乾燥してしまうことがあります。

それは、紫外線によって肌がダメージを受けてしまっているからです。

そのような日焼けに伴うカサカサ乾燥肌に効果がある市販薬を紹介します。

スポンサーリンク

日焼け=日光皮膚炎

日焼けは別名、”日光皮膚炎“とも呼ばれます。

つまり、日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症(=皮膚炎)が原因です。

日焼けによる乾燥肌用市販薬

日焼けが原因となった乾燥肌に効果がある市販薬として「HPローション」を紹介します。

「HPローション」には、保湿薬として”ヘパリン類似物質”が配合されています。

“ヘパリン類似物質”は、処方せん用医薬品としても使用されており、”ヘパリン類似物質”を配合した代表的な商品が「ヒルドイド」です。

さて、保湿剤については「HPローション」の他にも数多くあります。

「HPローション」以外の保湿剤でもいいのではないか?

という疑問もあるのではないでしょうか。

実際、「HPローション」以外の保湿剤を使用しても構いません。

ただ、「HPローション」を紹介する理由もあります。

「HPローション」の有効成分”ヘパリン類似物質”には、保湿作用に加えて”抗炎症作用もあります。

抗炎症作用とは、炎症を鎮める作用のことを指します。

日焼けは紫外線による肌の炎症である、と冒頭で紹介しました。

つまり、肌の炎症が原因で引き起こされた乾燥肌にとって、保湿作用に加えて抗炎症作用も併せ持つ「HPローション」は最適な保湿剤ということができます。

また、「HPローション」には刺激性がありません。

そのため、小さい子供さんや顔への使用も可能です。

ちなみに、「HPクリーム」というクリーム剤の商品も販売されています。

ローション剤のほうが塗り広げやすいので日焼けのときは使いやすいと考えますが、普段使いを考えるとクリーム剤が一般的でしょう。

日焼け治療薬

ここまで、日焼けによる乾燥肌対策の市販薬を紹介しました。

日焼けをしてしまうと、ヒリヒリ痛かったり、肌が真っ赤に炎症を起こしたり、ひどい場合だと水泡(水ぶくれ)ができたりします。

そのようなときに使用すべき、市販の日焼け治療薬を紹介します。

日焼けは紫外線による肌の炎症でした。

したがって、日焼け治療薬を選ぶ際には、

肌の炎症を鎮める市販薬を選ぶと良い

ということになります。

具体的な日焼け治療薬については、こちらの記事にまとめています。

ヒリヒリ痛い、真っ赤、かゆいといった日焼けの症状を改善する市販のステロイド外用薬を紹介します。

日焼けによる乾燥肌に「HPローション」

日焼けに伴う乾燥肌に効果がある市販薬として「HPローション」を紹介しました。

クリーム剤である「HPクリーム」という商品も販売されています。

「HPクリーム・ローション」の有効成分である”ヘパリン類似物質”には、保湿作用のほかに抗炎症作用もあります。

日焼けは紫外線による肌の炎症です。

したがって、保湿作用と抗炎症作用をあわせ持つ「HPクリーム・ローション」は、日焼けに伴う乾燥肌に最適な保湿剤ということができます。

日焼けに伴う乾燥肌のみならず、一般的な乾燥肌にも当然使用できます。

毎日の肌ケアも兼ねて、「HPクリーム・ローション」の使用を検討ください。

「HPクリーム・ローション」基本情報

最後になりましたが、「HPクリーム・ローション」の有効成分、効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

<有効成分>

ヘパリン類似物質

<効能・効果>

手指の荒れ、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、乾皮症、小児の乾燥性皮ふ、しもやけ(ただれを除く)、きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛

<用法・用量>

1日1~数回、患部に塗布

「HPローション」の詳細については、こちらの記事にまとめています。

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用できる保湿剤「HPクリーム・ローション」を紹介します。「ヒルドイド」と同じ有効成分を配合した市販薬です。
スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする