【総まとめ】日焼け止めの選び方から市販の日焼け治療薬を紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

海水浴 日焼け

日焼け止めの選び方から、日焼けで肌が赤く炎症を起こしたときの治療薬(市販品)などについて、紹介してきました。

ここまでをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

日焼け止めの選び方

日焼けでヒリヒリとした痛い思いをしたくない、皮がむけるのは避けたい、というのはある程度、共通認識だろうと思います。

同時に、紫外線はシワ、シミ・そばかすなどを引き起こす原因にもなります。

日焼けは予防するに越したことはありません。

紫外線を物理的に遮断するには、日傘をさしたり、帽子を被ったり、長袖を着用したりすることになるのでしょう。

または、日焼け止め(サンスクリーン)の力を借りるか、ということになります。

そのような中、日焼け止めは数多く販売されています。

何を基準に選べば良いか、疑問に感じる方もいらっしゃるでしょう。

こちらの記事で、日焼け止め(サンスクリーン)の性能を表すSPF・PAなどに触れつつ、その意味合いと選ぶ基準などについて紹介しています。

PA・SPFなどという言葉を耳にしたことがあるかもしれません。その意味を踏まえつつ、日焼け止め(サンスクリーン)の選び方を紹介します。

せっかく日焼け止めを使用するのであれば、しっかりした判断基準を持って、選んでいただければと考えます。

日焼け治療薬

予防策もむなしく、日焼けを負ってしまって、肌が赤く炎症を起こしてヒリヒリする場合の治療薬を紹介しています。

日焼けは日光(紫外線)による肌の炎症です。その炎症を鎮めて、ヒリヒリ痛い・痒いといった日焼けの症状に素早く効く市販薬「ステロイド外用薬」を紹介します。

よっぽど重度の日焼けでない限り、市販薬で対処することも、十分可能です。

日焼けのなりやすさ(赤くなりやすいかどうか)には、個人差があります。

紫外線に当たると、すぐ赤くなってヒリヒリ痛むような方は、事前の備えがいっそう大事になるでしょう。

紫外線に伴う肌トラブル対策

紫外線を浴びると、肌にダメージを負ってしまいます。

そのため、乾燥肌や肌荒れといった肌トラブルを起こすことがあります。

そのような肌トラブル対策に使用できる保湿剤について、こちらの記事にまとめています。

気付かないうちに紫外線により、肌はダメージを受けています。目に見える形で肌荒れ・乾燥肌といった肌トラブルを引き起こします。日焼け(紫外線)による肌荒れ・乾燥肌に最適な保湿剤を紹介します。

理にかなった保湿剤を選ぶことができれば、紫外線による肌ダメージを軽くすることもできるでしょうし、その後の肌トラブルも小さくすることができるでしょう。

また、上記事で紹介している保湿剤と同じ保湿成分を配合している「ヘパソフト 薬用顔ローション」も一緒に紹介します。

顔の保湿化粧水代わりに「ヘパソフト 薬用 顔ローション」を使用してみてはいかがでしょうか。しっかりとした保湿作用が期待できる上、お手頃価格で購入できる商品です。

保湿化粧水(化粧品)代わりにも使用できる商品です。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする