【便秘薬】「スルーラック」シリーズの違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

トイレ 便秘

刺激性便秘薬・非刺激性便秘薬どちらの便秘薬も揃えてある「スルーラック」シリーズの効果の違いや選び方、その他便秘薬との違いなどについて紹介します。

「スルーラック」シリーズのラインアップは次の4商品です。

●スルーラックデルジェンヌ

●スルーラックS

●スルーラックプラス

●スルーラックデトファイバー(m)

スポンサーリンク

「スルーラック」を大まかに分類

便秘薬は大まかに次の2種類に分類されます。

・刺激性便秘薬

・非刺激性便秘薬

刺激性・非刺激性の違いは、大腸を直接刺激する成分が配合されているかどうかです。

「スルーラック」シリーズをこの2種類に分けると次のようになります。

<非刺激性便秘薬>

●スルーラックデルジェンヌ

<刺激性便秘薬>

●スルーラックS

●スルーラックプラス

●スルーラックデトファイバー(m)

刺激性便秘薬は非刺激性便秘薬よりも、比較的速やかな排便効果が期待できます

一方で、長年、漫然と使用するとくせ(慣れ・耐性)になると考えられています。

次に、各商品の特徴や選ぶポイントなどについて紹介します。

スルーラックデルジェンヌ

「スルーラックデルジェンヌ」は、有効成分に”酸化マグネシウム”を配合した非刺激性便秘薬です。

酸化マグネシウムは広く一般的に便秘薬として使用されています。

処方せん用医薬品「マグミット」の有効成分も酸化マグネシウムです。服用されたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

酸化マグネシウムには、便に水分を引っ張り込む作用があります(硬い便を柔らかくする)

その水分を含んだ便が膨張し、腸を刺激することで、排便に繋がります。

「スルーラックデルジェンヌ」と一緒に水分を多めに摂ると、薬の効果を高めることに繋がります。

その他3商品と異なり、5歳から服用することができる、くせになりにくい便秘薬です。

スルーラックS

「スルーラックS」には”ビサコジル・センノシド”という2種類の刺激性便秘薬が配合された商品です。

ビサコジル・センノシドも広く一般的に使用されている便秘薬です。

センノシドを配合した処方せん用医薬品に「プルゼニド」という商品があります。

こちらも服用されたことがある方がいらっしゃるかもしれません。

「スルーラックS」は刺激性便秘薬です。

先に紹介しましたが、刺激性便秘薬は非刺激性便秘薬よりも比較的速やかな排便効果が期待できます

一方で、くせ(慣れ・耐性)になることも指摘されています。

そのため、漫然と服用せず、必要最低限の服用に留めることが重要です。

漫然と服用しなければ、しっかりした排便効果が期待できる商品です。

スルーラックプラス

「スルーラックプラス」も、”ビサコジル・センノシド”を配合した刺激性便秘薬となります。

“プラス”という商品名からも想像できますが、「スルーラックS」に”ジオクチルスルホサクシネート(DSS)”という成分がプラスされています。

DSSには”便を柔らかくする“作用があります。

便が硬い上に、いきんでもなかなか排便しきれないという方に最適な便秘薬です。

スルーラックデトファイバー(m)

「スルーラックデトファイバー」にも、センノシドが配合されています。

そのため、刺激性便秘薬に分類しました。

一方で、「スルーラックデトファイバー」に配合されている”プランタゴ・オバタ種皮”には、水分を含んで膨張する作用があります。

水分を含んで膨張し、便のかさを増して、排便に繋げる”膨張性便秘薬”と言うこともできます。

したがって、「スルーラックデトファイバー」は、便のかさを増しつつ、排便をスムーズにする便秘薬となるでしょう。

配合されている有効成分は水分を含んで膨張する性質があるため、多めの水分を摂ることが、薬の効果を高めることに繋がります。

また、「スルーラックデトファイバー」には小粒顆粒でマンゴー風味の商品も販売されています。

飲みやすさが改善された商品です。「スルーラックデトファイバー」が服用しづらいと感じた方は、服用を検討するといいでしょう。

まとめ

ここまで、「スルーラック」シリーズの違いと選び方、効果的な服用方法などについて紹介しました。

「スルーラック」シリーズは、大まかに次のように分類できます。

<非刺激性便秘薬>

●スルーラックデルジェンヌ

<刺激性便秘薬>

●スルーラックS

●スルーラックプラス

●スルーラックデトファイバー(m)

刺激性便秘薬に分類される3商品は、非刺激性便秘薬よりも比較的速やかな排便効果が期待できます。

便が硬くてなかなか排便しきれない方は、非刺激性便秘薬「スルーラックデルジェンヌ」または「スルーラックデトファイバー」の服用を検討ください。

薬の服用と一緒に、多めの水分を摂ることも心がけてください。

いきんでもなかなか排便しきれない方は、刺激性便秘薬である「スルーラックS」または「スルーラックプラス」の服用を検討ください。

各商品の特徴や違いを把握して、ご自身の便秘症状に最適な「スルーラック」を選んでください。

「スルーラック」シリーズ基本情報

最後になりましたが、「スルーラック」シリーズの有効成分、用法・用量などの基本情報を紹介しておきます。

スルーラックデルジェンヌ

<有効成分(1錠中)>

・酸化マグネシウム:333mg

・ヨクイニンエキス:51mg

<効能・効果>

・便秘

・便秘にともなう次の症状の緩和

頭重、のぼせ、食欲不振(食欲減退)、肌あれ、吹出物、腹部膨満感、腸内異常発酵、痔

<用法・用量>

・15歳以上:3~6錠

・11歳以上14歳以下:2~4錠

・7歳以上10歳以下:2~3錠

・5歳以上6歳以下:1~2錠

・5歳未満:服用NG

スルーラックS

<有効成分(1錠中)>

・ビサコジル:5mg

・センノサイドカルシウム:13.33mg

(センノシドA・Bとして5.27mg)

<効能・効果>

「スルーラックデルジェンヌ」に同じ

<用法・用量>

1日1回就寝前または空腹時に、次の用量を服用

・15歳以上:1回1~3錠

・15歳未満:服用NG

スルーラックプラス

<有効成分(1錠中)>

・ビサコジル:5mg

・センノサイドカルシウム:5mg

(センノシドA・Bとして1.97mg)

・ジオクチルスルホサクシネート(DSS):10mg

<効能・効果>

「スルーラックデルジェンヌ」に同じ

<用法・用量>

1日1回就寝前または空腹時に、次の用量を服用

・15歳以上:1回1~3錠

・15歳未満:服用NG

スルーラックデトファイバー(m)

<有効成分(1包中)>

・プランタゴ・オバタ種皮:1,100mg

・アロエエキス:93.75mg

・センノサイドカルシウム:10mg

(センノシドA・Bとして3.6mg)

・ジュウヤク末:125mg

<効能・効果>

「スルーラックデルジェンヌ」に同じ

<用法・用量>

なるべく空腹時に、次の用量を服用(服用間隔を4時間以上空ける)

・15歳以上:1日1~2回、1回1~2包

・15歳未満:服用NG

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする