【かゆみ止め・あせも治療薬】「タクト」シリーズの違いと選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

虫さされ 痒み 炎症

「タクト」シリーズの特徴や選び方、その他かゆみ止め・あせも治療薬との違いなどについて紹介します。

タクトシリーズには、以下4種類の商品が販売されています。

<ステロイドなし>

●タクトL

●タクトホワイトL

●タクトローション

<ステロイド入り>

●タクトプラスクリーム・ローション・ゼリー

4種類の大きな違いはステロイド薬の有無です。

「タクトL」・「タクトホワイトL」・「タクトローション」3商品には、ステロイド薬が配合されていません。

「タクトプラス」には、”デキサメタゾン酢酸エステル”というステロイド薬が配合されています。

スポンサーリンク

「タクト」シリーズの違いと選び方

「タクトプラス」とその他3商品の主な違いはステロイド薬配合の有無です。

ステロイド薬が配合されている「タクトプラス」のほうが、かゆみ・炎症を鎮める作用は強いと考えられます。

したがって、選ぶポイントは”かゆみ・炎症の程度”で判断するといいでしょう。

続いて、4商品の特徴や選び方・選ぶポイントの詳細を紹介します。

タクトL

“あせも・つらいかゆみ”に使うことをうたい文句にしている商品です。

虫さされのときなどに、一般的なかゆみ止めとして使用して良いでしょう。

有効成分に”酸化亜鉛”という成分が配合されています。

酸化亜鉛には、患部の炎症を鎮める作用や患部の収斂作用・保護作用などがあります。

このような作用を持つ酸化亜鉛は、しばしば”あせも治療薬”として使用されます(そのため、”あせも”の文字がパッケージに大きく記載がある)

その”酸化亜鉛”のみを配合した商品が「亜鉛華軟膏」です。

子供・赤ちゃんのあせも・おむつかぶれ治療薬としても使用できる市販薬「亜鉛華軟膏」の特徴や選び方などについて紹介します。

「タクトL」は、あせもによるかゆみには最適な商品と言えるかと考えています。

タクトホワイトL

配合されている有効成分は、「タクトL」とほとんど変わりません。

酸化亜鉛の配合量が「タクトL」と比べ多く配合されています。

酸化亜鉛の配合量が多いことを踏まえると、あせもによるかゆみに対して「タクトL」よりも有効な商品と言えます。

タクトローション

一般的なかゆみ止めの外用薬です。

虫さされによるちょっとしたかゆみなどに対して、気軽に使用できます。

タクトプラス

有効成分にステロイド薬”デキサメタゾン酢酸エステル”が配合されている商品です。

「タクトプラス」に配合されている”デキサメタゾン酢酸エステル”は、優しいステロイド薬です。

そのため、小さな子供さんであっても、安全に使用できるステロイド薬です。

比較的強いかゆみ、赤く炎症を起こしている・腫れているときなどは、「タクトプラス」が最適でしょう。

ローション剤の他に、クリーム剤・ゼリー剤の商品も販売されています。

クリーム剤には、ローション剤・ゼリー剤には配合されていない”かゆみ止め(クロタミトン)”の成分が配合されています。

クリーム剤については、かゆみを鎮める作用がローション剤・ゼリー剤より一段と強いと考えられます。

また、「タクトプラス」3商品には清涼剤(l-メントール、dl-カンフル)が配合されています。

スーッとした使用感(爽快感)を求める方は、「タクトプラス」の使用を検討ください。

使用上の注意点

「タクトプラス」には、清涼剤としてメントール・カンフルが配合されていました。

これらの成分が傷口や眼の周りなどのデリケートな部分に付くと、刺激を感じる原因となるので注意が必要です。

ローション・クリームどちらを選ぶか?

「タクト」には、主にローション剤とクリーム剤2種類の剤形で販売されています。

ローション剤であれば、手を使って患部に塗る必要がないので、手を汚さずに済みます。

その点においては、ローション剤の商品のほうが使い勝手は優れていると言うことができます。

どの商品を選ぶか?

結局、どの商品を選べばよいか?

となろうかと思います。

「タクト」は、”かゆみ止め”の外用薬です。

したがって、かゆみを鎮めてくれたら、基本的にどの商品でもいいわけです。

かゆみ・炎症を鎮める作用が強い商品は、ステロイド薬を配合している「タクトプラス」です。

有効成分を見る限り、その他3商品の”かゆみを鎮める作用”には、大差ないだろうと考えられます。

ただし、「タクトL」・「タクトホワイトL」には、酸化亜鉛が配合されています。

この2商品は、”あせもによるかゆみ”に対して特に有効だろうと考えられます。

つまり、選ぶポイントとしては次のようになります。

・かゆみ・赤みが強い

→タクトプラス

・軽いかゆみ

→タクトローション

・特に、あせもによるかゆみ

→タクトL、タクトホワイトL

「タクトL」・「タクトホワイトL」を、虫さされなどによる一般的なかゆみ止めとして使用しても大いに結構です。

「タクト」シリーズまとめ

ここまで、「タクト」シリーズの特徴や選び方、その他かゆみ止め・あせも治療薬との違いなどについて紹介してきました。

「タクト」シリーズの主な違いはステロイド薬の有無です。

ステロイド薬には、かゆみ・炎症を鎮める効果があります。

したがって、タクトシリーズを選ぶポイントは、かゆみの程度です。

・かゆみ・赤みが強い

→タクトプラス

・軽いかゆみ

→タクトローション

・特に、あせもによるかゆみ

→タクトL、タクトホワイトL

有効成分のちょっとした違いを把握して、自分の症状にぴったりな商品を選び出してください。

「タクト」シリーズ基本情報

最後になりましたが、タクトシリーズの有効成分、効能・効果などの基本情報を紹介しておきます。

タクトL

<有効成分>

・ジフェンヒドラミン(かゆみ止め)

・グリチルリチン酸二カリウム(抗炎症薬)

・リドカイン(局所麻酔薬)

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌剤)

・酸化亜鉛

・トコフェロール酢酸エステル

<効能・効果>

湿疹、皮膚炎、ただれ、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましん

<用法・用量>

1日数回、患部に塗布

タクトホワイトL

<有効成分>

・ジフェンヒドラミン(かゆみ止め)

・グリチルリチン酸二カリウム(抗炎症薬)

・リドカイン(局所麻酔薬)

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌剤)

・酸化亜鉛

・dl-メチルエフェドリン

<効能・効果>

「タクトL」に同じ

タクトローション

<有効成分>

・ジフェンヒドラミン(かゆみ止め)

・グリチルリチン酸二カリウム(抗炎症薬)

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌剤)

・テシッドデシチン(局所麻酔作用)

・アラントイン(皮膚保護剤)

<効能・効果>

「タクトL」に同じ

<用法・用量>

1日数回、患部に塗布

タクトプラクリーム・ローション・ゼリー

<有効成分(タクトプラスクリーム)>

・デキサメサゾン酢酸エステル(ステロイド)

・クロタミトン(かゆみ止め)

・ジフェンヒドラミン(かゆみ止め)

・ジブカイン(局所麻酔作用)

・イソプロピルメチルフェノール(殺菌剤)

・l-メントール(清涼剤)

・dl-カンフル(清涼剤)

<効能・効果>

「タクトL」に同じ

<用法・用量>

1日数回、患部に塗布

<備考>

・クロタミトンはローション剤・ゼリー剤には配合されていない

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする