【市販薬】ジュクジュク水虫にはこの治療薬

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

足

水虫が最も発生しやすい箇所は足指の間と言われています。

足は、窮屈な靴を吐き続けたり、靴下を長時間吐き続けたりすることもあるので、水虫菌(白癬菌)が最も好む、蒸れやすい環境が整いがちです。

そのため、足指の間に水虫ができてしまうと、ジュクジュク水虫になってしまうこともあります。

このような、ジュクジュク水虫に対して最適な市販の水虫治療薬を紹介します。

スポンサーリンク

軟膏の治療薬がベスト

ジュクジュク水虫に対しては、どの薬がベストなのか考える前に、どの剤形がベストなのかを選択基準にお考えください。

剤形とは、軟膏剤・クリーム剤・液剤といったものを指します。

ジュクジュク水虫に対しては、“軟膏剤”の使用がベストです。

なぜなら、水虫治療薬(有効成分)そのものに刺激性があります。そして、クリーム剤・液剤にも、刺激性があります。

刺激性の程度は次のようになります。

刺激性の強さ

液剤>クリーム剤>軟膏剤

ジュクジュク水虫に対しては、軟膏剤の使用がベストなのですが、水虫治療薬には軟膏剤の商品が少ないという現状があります。

数少ない軟膏商品が「ピロエースZ」

数少ない、希少な軟膏剤の水虫治療薬が「ピロエースZ」です。

「ピロエースZ」は軟膏剤である上に、配合されている有効成分”ラノコナゾール”は、水虫菌(白癬菌)に抜群の効果を示します

ジュクジュク水虫に対しては「ピロエースZ」を第一選択として良いと考えています。

「ピロエースZ」の詳細については、こちらの記事にまとめています。

処方薬「アスタット」と同じ有効成分"ラノコナゾール"を配合した市販の水虫治療薬を紹介します。

「ピロエースZ」に配合されている有効成分”ラノコナゾール”は、処方せん用医薬品としても使用されています。

代表的な処方せん用医薬品の商品が「アスタット」です。

水虫薬の使い方と注意点

水虫治療薬には刺激性があると簡単に触れました。

刺激性があることなどを筆頭に、水虫治療薬は正しく使用しないと、思わぬトラブルを引き起こしたり、中途半端な改善に見舞われてしまったり、ということもあり得ます。

水虫治療薬の正しい使い方や選び方、注意点などについては、こちらの記事にまとめています。

市販の水虫治療薬を使用する上での注意点を紹介します。間違って使い続けると、症状をかえって悪化させてしまうかもしれません。

市販の水虫治療薬の使用を検討されている方は、頭の片隅に置いておく必要もあると思っています。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする