【安全な熱さまし・痛み止め市販薬】「タイレノールA」の特徴と選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

頭痛

あまり聞き慣れない薬かもしれません。

「タイレノールA」という解熱鎮痛薬(熱さまし・痛み止め)の特徴や選び方、他解熱鎮痛薬との違いなどについて紹介します。

スポンサーリンク

「タイレノールA」基本情報

「タイレノールA」と聞いても「聞いたことがない」という方は多いかもしれません。

処方せん用医薬品では、同一成分で「カロナール」という商品名で使用されています。

<有効成分(1錠中)>

アセトアミノフェン:300mg(解熱鎮痛薬)

<効能・効果>

・頭痛、生理痛、歯痛、抜歯後疼痛、腰痛、関節痛、咽喉痛など

・発熱時の解熱(熱さまし)

<用法・用量>

・15歳以上:1回1錠、1日3回まで

・15歳未満:服用NG

<使用上の注意>

添付文書には色々書いてありますが、私が特記したいことはありません。

安全な薬「タイレノールA」

「タイレノールA」に配合されている解熱鎮痛薬成分は”アセトアミノフェン”と呼ばれるものです。

“アセトアミノフェン”は他の解熱鎮痛薬と比べると、比較的安全性が高く、使い勝手に優れている薬です。

「タイレノールA」の服用対象年齢は、15歳からとなっています。

しかしながら、”アセトアミノフェン”は、風邪薬などにも幅広く使用されており、一般的に子供から大人まで服用できる薬です。

後ほど、15歳未満の子供さんでも服用・使用できる”アセトアミノフェン”配合の市販薬も紹介します。

痛み止め服用不向きな方でも服用可能

痛み止め服用には不向きな方がいます。

妊婦さんや胃・十二指腸潰瘍に既往歴のある方、腎臓の悪い方が該当します。

このような事例に該当する方であっても、「タイレノールA」であれば比較的安全に服用していただけます。

空腹時服用もOK

多くの痛み止めの薬は、基本的には空腹時服用NGです。

主な理由は、胃腸障害(胃痛・腹痛など)を起こす可能性があるからです。

しかし、「タイレノールA」なら空腹時の服用も問題ないですし、熱が出たら迷わずこの薬でいいと思います。

鎮痛作用が弱いのが残念

「タイレノールA」には、”アセトアミノフェン”が1錠中に300mg配合されています。

解熱作用(熱さまし)としては、この量で十分効果が出ると思います。

しかし、鎮痛(痛み止め)目的の場合、この量で効くかどうかは個人差があると思います。

処方せん用医薬品であれば増量可能ですが、市販薬においては1回1錠が添付文書上の限度です。

子供さんが熱を出したら

また、子供さんの場合、急に熱を出したりします。

しかし、「タイレノールA」の場合、服用対象年齢は15歳以上です。

子供さん用に熱さましを備えておくなら、次の2商品です。

●飲み薬が飲める:バファリンルナJ

「バファリンルナ」シリーズの違いや選び方、その他解熱鎮痛薬との違いなどについて紹介します。

●飲み薬が飲めない:こどもパブロン坐薬

「こどもパブロン坐薬」は熱さましの坐薬です。子供が発熱して、夜中に泣き出した、嘔吐して薬が飲めないときなどに坐薬の解熱薬は大変役立ちます。

2商品ともに、アセトアミノフェン単一の商品です。

「タイレノールA」まとめ

“アセトアミノフェン”は、風邪薬をはじめ様々な市販薬に配合されています。

「タイレノールA」はアセトアミノフェン単一商品ですので、使い勝手は非常に良い市販薬だと思います。

いつ熱が出たり、頭痛がきたりするかは分かりません。

「タイレノールA」さえあれば、とりあえずの対処法にはなります。

自宅に常備薬として置いておけば、役に立つ機会もあろうかと思います。

スポンサーリンク






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする